ペニス増大サプリでサイズアップするのは本当?

ペニス増大サプリを飲んでも根本的なサイズは変わらない

成長期をすぎると、ペニスもそれ以上成長しなくなります。成長期は個人差がありますが、多くの人は18歳から21歳くらいがピークです。その時期を過ぎるとペニスは成長しなくなると考えていいでしょう。人によっては25歳くらいまで成長期が続くこともあるので、例外もあります。

この話からすると、ペニス増大サプリを飲むと大きくなるという噂は、嘘である可能性が高いです。ところが、ペニス増大サプリを飲んで実際にペニスのサイズがアップしたという人がいます。この話が本当ならば、矛盾していることになりますね。

実は、これらの話はなんにも矛盾していないのです。「成長期を過ぎる21歳あたりからは、ペニス増大サプリを飲んでも根本的なサイズは変わらない」という1つの結論を出したとします。「根本的」という部分に着目してください。これはペニス増大サプリを飲んでも根本的には大きくはならないという意味にすぎず、勃起時のサイズのほうはアップすることがあります。

勃起力がアップするとは?

ここからはペニス増大サプリを飲むとペニスのサイズがアップするという話が本当ということを証明していきます。

「ペニス増大サプリを飲んだら、それまで12cmだった長さが18cmになった」という体験談を読んで、本当なのかと疑ったことがある人は多いでしょう。前述したように、成長期を過ぎたら根本的なサイズは変わらなくなります。この体験談を書いている人が21歳を過ぎていたら、この話は疑わしくなりますね。

ところが、こういう話は本当にあるのです。それは、それまで元気がないせいでマックスは18cmなのに12cmまでしか勃起できていなかったというケースです。元気が足りなくて勃起のサイズが12cmだったのが、増大サプリを飲んで元気を取り戻したらマックスの18cmが出せるようになったという話になります。結論として、ペニス増大サプリでサイズアップするのは半分(勃起力という意味)は本当で、半分(根本的な意味)は嘘ということになります。

まとめ

成長期を過ぎたら骨の成長は止まるので、根本的に大きくなることはないというのが一般論です。ところが、ペニス増大サプリを飲むと体が健康を取り戻し、勃起力がアップすることがあります。

その理由から、「それまでは12cmまでしか勃起しなかったのに、18cmまで勃起するようになった」ということも実際に起きているようです。もしも自分の勃起時のサイズがマックスに達していないのではと疑問を持っていたら、ペニス増大サプリを試してみることはおすすめできます。